フラット35Sの審査に落ちないために!

 

フラット35Sとは質の高い住宅を購入する場合に最長で当初10年間金利を引き下げるという制度。 通常より厳しくなっている建築条件と審査についての専門サイトです!金利引き下げの優遇で大幅に返済額を節約できるフラット35Sの審査に通るためにはどのようにすればいいのかを研究します!住宅ローン審査に自信がない方必見です!

2017年10月申し込み分からフラット35が団信付きとなり制度が変更されることが決まりました。フラット35団信付きは金利に団信保険料分が上乗せされることになっています。またフラット35Sの金利引き下げ幅が小さくなり、現在の▲0.3%から▲0.25%の金利引き下げに変更になります。9月までの申し込みと10月からの申し込みのこの金利差をどう捉えるか難しいポイントになりますが0.3%の金利引き下げを希望する場合には10月までにフラット35の申し込みを行ってください。

フラット35S審査に通るランキング! 【2017年8月最新版】

サムネイル
  • フラット35最低金利と安い手数料
  • 諸費用の安さで返済総額をおさえられる
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰り上げ返済は10万円〜
  • 日本全国どこからでも借りられる
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 最安水準の低金利・支払い総額を削減
  • 団信生命保険料と全疾病保障保険料が無料
  • 金利の安さとサービス内容で高い評価
  • 借り入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利を達成
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 全国に100以上の店舗展開、安心のサポート
  • 7年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利諸費用を含めトータルでお得
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 将来に備えるコントロール返済
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


フラット35Sの審査ってどんなもの?

会議の画像
フラット35の金利が1%を割るというニュースがあったので、さらに金利がお得になるフラット35Sに申込を考えている事もたくさんいらっしゃるはず。

 

直ぐに申し込もうとする行動力は良い事ですが、ちょっと待って下さい。フラット35Sには審査があるので、申し込んだからといって必ず契約が出来るわけではありません。

 

また、商品の内容をきっちりと確認しないままに申込をすると「あれ?フラット35Sってこんな商品だったの?」という事にもなってしまいます。

 

なので、フラット35Sに申込をする前には必ず商品の確認と他社商品との比較、申込に際して必要な書類や毎月の返済額などをリサーチする様にして欲しいと思います。

 

まずは商品確認。フラット35Sが低金利の住宅ローンというのは知っていると思いますが、実際にどれだけの金利引き下げが行われるかの確認が大切です。

 

住んでいる地域によって引き下げ率が異なっているので、自分の住んでいる地域ではどれくらいの引き下げ率になるのかをチェックしておきましょう。この時、何年間その金利が適用されるのかも確認して下さい。

 

フラット35Sでは当初5年・10年といった具合で割引率が違っています。自分はどのプランを選んで、その場合、何年目までがどういう引き下げ率になるかを調べておくのが良いですね。

 

商品の確認を行ったら、念の為他の金融機関の住宅ローンとの比較を行っておきましょう。フラット35Sが安いのは間違いないですが、あなたの申込状況によっては、他の金融機関の商品が良いという事も考えられます。

 

一応、他のお勧め業者については別のページで紹介しているので、そのページをみてお勧めしている金融機関の商品だけは確認しておく事をお勧めします。

 

商品の確認をしたらフラット35Sとの比較をしていきましょう。比較をする事でフラット35Sが優れている部分・他の商品が優れている部分がハッキリします。

 

比較をしてあなたにとってメリットが大きい方を選べば住宅ローンで失敗する事は無いハズです。

 

ここまで比較を行って「フラット35Sにしよう!」と思ったら次はフラット35Sの申込条件を確認して下さい。

 

フラット35Sは申込条件があるので、誰でも申込を出来るわけではありません。

 

その為、いざ申込をしようと思ったら自分の住居はフラット35Sの申込条件を満たしていないというケースも考えられます。申込条件については次項でお話しているのでそちらを参考にして欲しいと思います。

 

万が一、フラット35Sの加入条件を満たしていなかった時は、比較時に行った他の銀行の住宅ローンプランに申し込むと良いでしょう。

フラット35S借り入れの口コミ体験談

 

ARUHIで借り入れ

中古マンションを購入するために、不動産会社手数料等込で2200万円の借入で住宅ローンを組んでから、もうすぐ2年が経とうとしています。当時は金利も低くなってきており、正直いつが底値かは読めない状態が続いていたようです。

うちは生後10か月の赤ちゃんがいたので、狭い賃貸マンションから少しでも広い新居に引っ越して、思い切りハイハイさせてあげたいと思っていたので、現住人とのタイミングさえ合えばいつでもという気持ちでした。とにかくローンが組める状態かを不動産会社に書類を託して調べてもらい、りそな銀行や信金などの審査が無事通りました。

変動金利は安くて魅力的でしたが、主人が特に心配していたのは、将来金利が上がっても給料が増えない可能性もあると考え、フラット35Sなら金利も据え置きで先が読めるとの事でこちらにしました。

30代 会社員




 

まず 固定金利か変動金利か とても悩みました。7割の人が 変動金利だと聞くし、空前の低金利水準。やはり同じ年月を経た時に 変動の残高が減っておるであろうことは予測でき、悩みました。

また、不動産やも変動を勧めてきたので 自信がありませんでしたが やはりリスクをとることはできませんでした。インターネット申し込みだったので 多少の不安がありましたしたし、実際 不動産屋と無関係に全て自分でしなくてはならず 不安だし、多少の煩わしさがありました。

でも この手間賃だけでも きっと 得なのではないか、と考えるようにしました。5年たちまして 金利の急上昇ももうしばらくなさそうな気配。正直変動でもいいのかな と思っています。

30代 会社員


フラット35S金利比較

研究中の画像
フラット35Sを選べばどの金融機関でも最低水準での借り入れが出来ると思っている方もいるみたいなのですが、実はそうではありません。

 

これは商品名であって取扱い銀行名ではありません。その為、同じフラット35という名前がついていていても金利や手数料は金融機関によって大きく異なります。意外と、この部分を知らない方がいるみたいですね。

 

なので、金利比較を行わないで適当に金融機関を選んでしまうと「あれ?私のプランって高いの?」という事になってしまいます。

 

数パーセントの差が大きな金額の差になってしまう住宅ローンにおいてはシッカリと比較をしなければいけません。

 

また、他のサービスや諸費用の比較も行って下さい。金融機関が変われば提供しているサービスなども異なっています。

 

何気に、このサービスが大事なポイントとなっています。借りたら終わりではなく、長期にわたって返済をしていく必要があります。その間には景気など社会環境の変化やあなた自身の変化も考えられます。

 

住宅ローンの返済では、毎月決まった額を「無理のない範囲」で返していく事が大事です。無理をして返していくと必ずどこかでしわ寄せがきます。

 

そうなってくるとかなり生活が圧迫されて精神的なストレスが出てきます。必要だからといって借りたものの、返済に追われて毎日を過ごすのは想像以上に辛いです。

 

なので、困った時にきちんとしたアドバイスをくれるかどうかも事前に確認しておくようにしましょう。

 

あとは、団信生命保険などの手数料ですね。今は保険料や事務手数料を負担してくれる金融機関が増えてきました。こういった業者だと金額の負担をかなり抑える事が出来ます。

 

住宅ローンは諸費用をいかに減らすかがカギになるので、細かい部分の確認も忘れない様にして下さいね。

 

<◆ フラット35S比較の良い方法ってあるの?

比較を行う時、表示されている利率に注目するのはもちろんですが、これだけ見て選んでしまうと間違いなく後悔します。住宅ローンの場合、表示されている利率だけでは完全に比較する事は出来ません。なので、比較をする時はシミュレーションを使って下さい。

 

シミュレーションを利用すれば手数料やボーナスでの返済など、細かい部分まで計算していく事が出来ます。

 

1ヶ月どれくらいの返済でどれくらいの期間で返済できるのかも分かるのでかなりお勧めです。

フラット35S復活のニュース

検討中の画像
フラット35は長期固定ということでかなり話題となりましたが、その後、各銀行が魅力的な商品を出し始めた事もあって注目が下がっていた時期があります。

 

実際、ネット銀行系のサービスの充実と各金融機関の商品改革は凄いものがあり、今までとは全く別次元の商品になっている様な感じでした。

 

省けるコストを省いて申込者に還元するという働きは私たちにとっても大きなメリットでしたね。

 

変動タイプの人気が上がってきたこともあって申込する人は徐々に減って行ったのですが、緊急経済対策の一環として金利の1%引き下げが実行されたのです。35S引き下げ幅の拡大は反響が大きく利用する方が一気に増えたために予算の上限に達し、当初の予定よりも3カ月早く終了することになりました。

 

この引き下げが終わってしまったためまた人気が下がっていくのではないかと思われたのですが政府の平成23年度第3次補正予算が成立、震災復興と省エネルギー対策推進のためにフラット35S金利引き下げ幅拡大が復活することになったのです。

 

この復活の内容は契約当初5年間は0.7%、6〜10年目は0.3%の引き下げを行うといったものです。

 

被災地に関しては当初5年間が1.0%の引き下げとなります。

 

この被災地という定義は2011年3月11日起こった東日本大震災の被災地域を表しています。「東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律」に基づいて定められた地域ですね。

 

具体的には10県221市町村が指定されています。指定された地域の中には千葉県や埼玉県など東北地方以外の県も含まれています。

 

この引き下げ幅拡大が発表されてから再び人気を取り戻しています。

 

他の金融機関の商品も素晴らしいですが、さすがに復活したフラット35Sよりも低いプランは今のところありません。

 

今後、復活したフラット35Sに対応する為に商品の改革をする業者が出てくるとは思いますが国家予算が割り当てられているので普通の金融機関ではこれを超える引き下げを実現するのは難しいでしょう。

 

また、今回の復活のポイントは被災地以外の引き下げも決めた事だと思います。

 

今後同じ悲劇を招かない為、そして少しでも被害を抑えるためには耐震性の高い住宅が必要になってきます。

 

その事を考えて被災地以外も引き下げ対象にしたのだと思います。「わたしは大丈夫」と思っている方もいるかもしれませんが、天災に関しては予測が出来ませんし、起こってしまったら防ぎようがありません。

 

なので、後で「あの時対策しておけば良かった」と思わなくて良いように今のうちから対策をしておく事をお勧めします。

住宅ローンの特徴を銀行別にもっと詳しく

【最低水準の金利と諸費用の安さで人気No.1】

楽天銀行はネット銀行だから可能になったコストダウンによって最低水準の金利と融資事務手数料・諸費用を達成。トップクラスの総支払額の安さで多くの方が支持し利用されています。フラット35Sエコはこの低い金利からさらに引き下げが行われるのですから他の多くの住宅ローンが楽天銀行と勝負にならないのも当然です。保証料0円・繰上返済手数料0円という基本条件は当然のことですが楽天銀行はさらに多くの場合で必要となるつなぎ融資にも対応。そしてネット銀行ですから資料請求から契約まで来店不要、忙しい方でも安心です。金利引き下げを適用されるためには長期優良住宅の認定を受けること、省エネルギー性や耐震性の基準を満たすことが必要になりますが、マイホームの省エネルギー性や耐震性が上がることに不満を持つ方は少ないはず。ベーシックとエコを比較すると3000万円の借り入れで約300万円近くも節約が可能になるのですから期間と予算上限が限られている今、積極的に活用することをおすすめします。

 

 

【団信生命保険料・繰上返済手数料・保証料0円】

新生銀行は金利の低さと借り入れ条件が良いことで人気の住宅ローン。団体信用生命保険料0円・保証料0円・繰上返済手数料0円で1円から可能と100万円からしかできないフラット35よりもさらに好条件を達成、返済しやすさが魅力です。諸費用の安さで借り換えでも人気が高く比較ランキングでも上位を常に争っています。完済するまで毎年保険料を支払わなければいけない団体信用生命保険料は実質的に毎月の返済額に上乗せされることになり、トータルでは数100万円になることもあるため、保険料を銀行が負担してくれる新生銀行は非常に魅力的なのです。住宅ローンを比較する際には表示されている金利だけではなくこういった諸費用も含めて比較する必要があります。また審査の内容も公的ローンとは異なるのでそういった点も考慮しておいてください。また新生プラチナサービスを利用できるため利便性も非常に高くなっている点も見逃せないおすすめ民間ローンです。

 

 

【変動タイプと固定タイプのミックスローンも可能】

住信SBIネット銀行は比較的新しく誕生したネットバンクですがその高い商品力ですでに数多くの方に支持され高い人気を集めています。住信SBIネット銀行は固定タイプも変動タイプも非常に低い金利を達成しているのが一番の魅力、さらに変動と固定を組み合わせることで両方のリスクを軽減しメリットを生かせるミックスローンも登場、あなたの都合に合わせた借り入れ方を実現してくれます。繰り上げ返済手数料・保証料・団体信用生命保険料0円という最高水準のサービスに加えて全疾病保証も付帯、将来の病気のリスクにも安心して対応できるのも大きな魅力。手続きはネットと郵送で完結するという便利さも見逃せません。景気の低迷やゼロ金利政策が続くことで長期固定タイプのフラット35Sよりもさらに低い変動タイプを活用したいという方はもちろん、多くの方におすすめできる住宅ローンです。

 

 

【取り扱いシェアNo.1・業界最低水準を維持】

ARUHIはフラット35を取り扱っている金融機関の中でシェアNo.1。人気の住宅金融会社。業界最低水準の金利と全国に100店舗以上のショップを展開する利便性の高さ、全疾病保証付帯可能など借り手の立場に立ったサービスでNo.1の座をキープ。申し込みから実行まで最短1週間で対応してくれるスピーディーさも定評があります。住宅金融支援機構が始まって以来の低水準にある金利状況のなかで常に先頭を走っているのです。ARUHIで注目のフラット35Sエコの金利引き下げのシミュレーションをすると3000万円を借り入れた場合、ベーシックと比べて約92万円、そして優遇なしの場合と比較すると約158万円総支払い額がお得になるという試算が出ています。フラット35Sエコを適用するためには省エネルギー性や耐震性で記述基準を満たす必要がありますがそれだけのメリットがあることは間違いありません。復活前と同様に予算と期間は限られていますから検討されている方はできるだけ早く申し込むことをおすすめします。

 

 

ソニー銀行住宅ローン

【変動・固定プランと手数料を比べて選べる】

ソニー銀行は借り入れ条件の良さと金利水準の低さが魅力。繰り上げ返済手数料無料、1万円以上1円単位でいつでも可能・保証料・団信生命保険料無料と現在考えられる最高レベルの好条件です。繰り上げ返済は最低金額1万円からですが他の金融機関と比較しても条件がよく、期間短縮と金額圧縮のどちらかを選ぶこ都ができます。様々な面であなたの都合に合わせた利用方法を選べるのがソニー銀行の特徴。毎月コツコツと返済金額を上乗せするといったことも可能です。申し込みから契約まで手続きはすべてインターネット上で可能。わからない点があれば専任のアドバイザーがしっかりサポート。借りた後のサポートも万全なおすすめ商品です。