フラット35S審査に通るランキング! 【2017年8月最新版】

サムネイル
  • フラット35最低金利と安い手数料
  • 諸費用の安さで返済総額をおさえられる
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰り上げ返済は10万円〜
  • 日本全国どこからでも借りられる
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 最安水準の低金利・支払い総額を削減
  • 団信生命保険料と全疾病保障保険料が無料
  • 金利の安さとサービス内容で高い評価
  • 借り入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利を達成
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 全国に100以上の店舗展開、安心のサポート
  • 7年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利諸費用を含めトータルでお得
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 将来に備えるコントロール返済
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


フラット35S研究記事一覧

低金利で注目を集めたフラット35。このフラット35に申し込む事で契約が可能となるフラット35Sという商品が人気を集めています。今はもう、フラット35とフラット35Sはセットで申し込むのが常識と言っても過言ではないでしょう。この項ではフラット35Sが選ばれる人気の理由についてお話をしたいと思います。一つ目の理由は低金利であるという事。フラット35Sの金利はかなり低く設定されているので、借入額の元本に...

フラット35Sは一般的な住宅ローンと大きく異なる点があります。それは、申込に条件が設定されているという事。これは収入面などの審査での条件ではなく、申込をする住宅の条件です。他の住宅ローンであれば収入面の条件を満たしていれば審査に通過する事が出来ますけど、フラット35Sは住宅の審査が設けられています。フラット35Sの申込定義を考えれば当然と言えるかもしれませんね。この項ではフラット35Sの適用条件に...

フラット35Sを申し込む方にお勧めしたいのが、フラット35Sのシミュレーションです。これはフラット35Sに限ったことではなく、住宅ローンの借り入れ・借換えをする時には絶対にして欲しい事です。なぜなら、住宅ローンの金利や諸経費は少額のキャッシングとは異なり、かなり大きくなるからです。金融機関にもよりますが、金利以外の諸経費で300万円近くになるところもあります。その為、ホームページに表示されている金...

フラット35Sを取り扱っている金融機関は色々とあります。低金利で住宅ローンを利用できるのはどこも同じですが、金利が異なっていたり、手数料や諸費用、サービスが違っていたりするので「フラット35Sならどこも一緒」と考えずに必ず比較をしてから決める様にして欲しいと思います。では、フラット35Sの比較はどの項目で行えば良いのでしょうか。過去に住宅ローンを利用した方ならある程度は分かると思いますが、初めて比...

フラット35と言えば楽天銀行。これはフラット35Sになっても変わりません。フラット35Sは当初最長20年間は金利が年0.3%の引き下げとなります。金利が最低金利なので多額の借り入れをしても金利を最低限に抑える事が出来ます。金利が安いのも楽天銀行のフラット35Sの特徴ですが、融資事務手数料が安いのも魅力です。実際に手続きをすると分かりますが、借入時の事務取扱手数料は大きく、資金計画に入れていない場合...

フラット35Sには申込条件が設定されています。その為、フラット35Sを申し込みたくても条件を満たしておらず申し込み出来ない事が予想されます。そういう時は他の住宅ローンを利用するしかありません。とは言っても、住宅ローンは色々あるので、どれが良いかなかなか分かりません。仕方なしに選んでしまったプランが良くないケースだって考えられます。この項でいくつかおすすめの住宅ローンを紹介していくので、フラット35...

住宅ローンの借換えを考えている方に朗報なのが「フラット35は住宅ローンの借換えでも利用できる」という事です。※ 金利引き下げを受けられるフラット35Sは借り換えに対応していません。その為、今現在の住宅ローンに満足いっていない方でもフラット35に借換えを行って低金利での返済をしていく事が可能です。でも「じゃあ、今より安い金利で住宅ローンを借り換える事が出来るんですね!」と喜ぶのはちょっと待ってくださ...

フラット35Sとはフラット35を申し込んでいる方が省エネルギー性・耐震性などに優れた住宅を取得する際に、フラット35の借入金額を一定期間引き下げる制度の事を言います。つまり、フラット35Sに申し込むためにはフラット35に申し込む必要があるわけですね。また、通常の住宅ローンだと予算を設けていませんが、フラット35Sは予算が設けられています。その為、この予算に達してしまうとフラット35Sに申込をしたく...