フラット35Sとは

フラット35Sって何?

主婦の画像

フラット35Sとはフラット35を申し込んでいる方が省エネルギー性・耐震性などに優れた住宅を取得する際に、フラット35の借入金額を一定期間引き下げる制度の事を言います。

 

つまり、フラット35Sに申し込むためにはフラット35に申し込む必要があるわけですね。

 

また、通常の住宅ローンだと予算を設けていませんが、フラット35Sは予算が設けられています。その為、この予算に達してしまうとフラット35Sに申込をしたくてもする事が出来ません。

 

また、誰でも無条件で申し込めるわけではなく、フラット35の技術基準に加えてフラット35Sの技術基準に適合する事を証明する検査を受ける必要があります。

 

この検査にパスしてはじめてフラット35Sが適用される仕組みとなっています。

 

省エネ性・耐震性に優れた住宅を建てる必要はありますが、条件を満たしていれば住宅ローンの金利を引き下げてもらえるので、家の安全の事も考えてフラット35Sに申込するのが良いでしょう。

 

ただ、耐震性などを追及するとその分費用がかさみますのでぱっと見た感じの返済金額にはそれほど違いがありません。

 

その為、お得感が少し微妙に感じるところなのですが、変わらない金額で家の耐震性が良くなって、更に省エネで今後の光熱費が安くなっていくので、最終的な出費はかなり抑える事が出来ます。

 

次に引き下げ金利について。金利の引き下げ率は被災地かそうでないかで変わってきます。被災地の場合は引き下げ率が高く当初5年間は大体1%の引き下げが行われています。

 

6年目以降も0.25%ほど引き下げされるのでかなりお得ですね。被災地以外だったとしても、当初5年間の引き下げ率が0.7%で6年目以降は被災地と変わらない0.25%となっています。

 

住宅ローンの場合は借入の金額がかなり大きくなるので、たった数パーセントの違いでもかなりのメリットがあります。

 

なので、現在フラット35を利用している方やこれから住宅ローンの申込を考えている方はフラット35Sに申込する事をお勧めします。

 

最後にフラット35Sに申し込むための住宅の条件についてお話いたいと思います。フラット35Sに申し込むためには住宅に性能が求められています。これは省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性・耐久性・可変性です。

 

省エネは高い水準の断熱性などの実現、耐震性は強い地震力に対して、倒壊・崩壊などしない程度の性能の確保、バリアフリーは高齢者が移動、入浴などの基本的な生活行為を行いやすくする為の措置が講じられた住宅、耐久性は耐久性を有して模様替えの容易性について適度な水準が確保された住宅となっています。

 

この様に、フラット35Sの適用を受ける為には厳しい条件をパスする必要がありますが、これをパスしてしまえばかなり良い状況で住宅ローンの利用が可能となるのでぜひ検討してみて欲しいと思います。

フラット35Sエコとは?

俯瞰の画像

東日本大震災の復興と省エネ性の高い住宅を推進するフラット35Sエコが新設されました。これによって、従来のものは35Sベーシックと名称が変更されています。

 

35Sエコの特徴は東日本大震災と被災地とそれ以外の地域において引き下げられる金利が異なっているのが特徴です。

 

被災地以外の住宅では当初5年間の金利が0.7%引き下げられます。被災地においての住宅取得では当初5年間1.0%引き下げが行われます。

 

5年が終わって6年目以降も10年目までは0.25%の引き下げが行われます。借入当初から10年間もしくは20年間優遇されるという大きなメリットがあるのです。この差は金額にすると数100万円になることも。

 

最近のフラット35の金利を見ていると2.2%前後となっています。ここから、0.7〜1.0%の引き下げが行われるので当初5年間はなんと1.2〜1.5%という事になるわけですね。

 

調べたことのある方であれば分かると思いますが、長期固定でこんなにも低金利のローンは他にありません。

 

仮に35年返済で住宅ローンを組んだ場合、フラット35Sエコは200万円近い利息削減効果があります(借入額を3000万円とした場合)。

 

さらに厳しい適合基準が設定されていますが、条件をクリアできるのであれば申し込んだ方が絶対にお得です。

 

◆ フラット35Sエコのよくある質問

 

Q:被災地以外の方でも申し込みは可能?

A:被災地以外の方でも申し込む事が出来ます。当初5年間0.7%引き下げと優遇を受ける事が可能なので利用した方が絶対にお得と言えるでしょう。

 

Q:フラット35Sエコの申込条件って厳しいの?

A:省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合にのみ適用されるため記述基準の適合を証明するための物件検査を受けて適合証明書が交付される必要があります。

 

Q:フラット35Sエコっていつから始まるの?

A:35Sエコの申込は既に開始をしています。2011年10月1日以降に申込をした方であれば可能となっています。適用基準を満たしておけば現在すでに申し込みが可能ということですね。

フラット35S審査に通るランキング! 【2017年11月最新版】

サムネイル
  • フラット35最低金利と安い手数料
  • 諸費用の安さで返済総額をおさえられる
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用で繰り上げ返済は10万円〜
  • 日本全国どこからでも借りられる
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 最安水準の低金利・支払い総額を削減
  • 団信生命保険料と全疾病保障保険料が無料
  • 金利の安さとサービス内容で高い評価
  • 借り入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低金利を達成
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 全国に100以上の店舗展開、安心のサポート
  • 7年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利諸費用を含めトータルでお得
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 将来に備えるコントロール返済
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み