フラット35借り換え

HOME > フラット35の借り換え

フラット35への借り換えはできる?

の画像

住宅ローンの借換えを考えている方に朗報なのが「フラット35は住宅ローンの借換えでも利用できる」という事です。※ 金利引き下げを受けられるフラット35Sは借り換えに対応していません。

その為、今現在の住宅ローンに満足いっていない方でもフラット35に借換えを行って低金利での返済をしていく事が可能です。

でも「じゃあ、今より安い金利で住宅ローンを借り換える事が出来るんですね!」と喜ぶのはちょっと待ってください。このサイトで何回もお話している様にフラット35には申込条件があります。

この条件をクリアしていないと借換えでフラット35を利用する事は出来ません。

現在立てている家がフラット35の条件を満たしていて適合証明を受けることができれば借換えする事は可能ですが、条件をクリアしていない時は残念ながら申込む事が出来ません。

自分の家がフラット35に適合しているかについては検査が必要になり、申込に際しては適合証明書が必要になりますので覚えておきましょう。

条件を満たしていれ条件を満たしていなかった時の借換えは他の金融機関の商品に申し込んで借換えをしていきましょう。

また重要なポイントとしてフラット35は保証料は無料ですが団体信用生命保険料は必要となります。加入しないということもできるのですがこれはあまりにもリスクが大きくなるのでおすすめできません。

そのため団体信用生命保険料が無料の住宅ローンから借り換えを行った場合、完済までの保険料を加えると借り換え効果が全く出ないということもありえるのです。

借り換えを検討する際には金利だけではなく諸費用についてしっかりと比較しシミュレーションを行わなければいけません。

この判断を誤ってしまうと本来お得なハズのフラット35のメリットを十分に得る事が出来ないので気を付けて下さいね。

また、フラット35に申込を出来ず、他の業者での借換えを検討する時ですが、今はフラット35以外にもお得なプランがたくさん用意されています。

フラット35の金利に比べると劣りますが、それでも借換えを安くするプランがあるので、口コミなどで話題の住宅ローン借換え業者をチェックして一番安い業者を利用する事をお勧めします。

フラット35以外のお勧め住宅ローンに関しては別ページで詳しく紹介しているので、そちらを参考にして下さいね。紹介している住宅ローンはかなり低金利なのでお勧め出来ます。