フラット35Sシミュレーション

HOME > フラット35Sのシミュレーション

フラット35Sのシミュレーションの方法は?

計算の画像

フラット35sを申し込む方にお勧めしたいのが、フラット35sのシミュレーションです。

これはフラット35sに限ったことではなく、住宅ローンの借り入れ・借換えをする時には絶対にして欲しい事です。

なぜなら、住宅ローンの金利や諸経費は少額のキャッシングとは異なり、かなり大きくなるからです。

金融機関にもよりますが、金利以外の諸経費で300万円近くになるところもあります。その為、ホームページに表示されている金利だけで判断して契約してしまうと「予想していたよりも金額が高いだけど?!」という事態になってしまいます。

ちょっと位の差額であればまだしも300万円もの差額は痛いので気を付けて下さい。

とは言っても、住宅ローンの諸経費は色々とありますし、これに加えて金利計算となると厄介です。自分で計算をして金額を出すという方法もありますが、よほど金利に詳しい方でないと計算の途中でミスをしてしまう事でしょう。では、どうしたら良いのか。

そんな時に使って欲しいのがフラット35sのシミュレーションです。

フラット35s取扱い業者のホームページには簡易計算機が設置されています。決められた項目を入力するだけでOKのシンプル設定。これであれば簡単に金利の計算をする事が可能です。

しかも、システムを使って計算をしていくので計算ミスもありません。ややこしい計算を短時間で出来る為、時間と労力の節約にもなります。

稀に、シミュレーションを用意していない金融機関がありますので、こういう時は電話をして今時点の計算はどうなるかを質問すると良いでしょう。電話で教えてくれない時は直接窓口にいく必要があります。

窓口に行くのは面倒ですが、窓口で出された金額に関してはインターネット上のシミュレーションよりも、より確実な金額なのでメリットもあります。

それに、窓口に足を運べばフラット35sに関する疑問や質問をその場で解決する事も可能です。

◆ シミュレーションってお金かかるの?
シミュレーションは無料でする事が出来ます。シミュレーションするための条件は特に設けられておらず、その銀行に口座を開設していなくても大丈夫です。無料で何回でも使えますし、使い方もとっても簡単なので定期的にシミュレーションをしたり、色々なプランでシミュレーションをしてみて、自分にとって一番良いプランを探していきましょう。

あと、次項で詳しくお話しますが、フラット35sを選ぶ時は比較が大切になってきます。

比較をする事で一番お得な金融機関が分かるのですが、この時にもシミュレーションが大事です。

シミュレーションをして各金融機関の総合金額を計算していけば比較も楽になってきます。